拝観・入場時間及び料金(2011/03/22現在)
施設名 入拝観時間 休館日 料    金 観光所要
平和資料館 3月−11月 8:30-18:00 12/29-1/1 大学生以上    50円 60分
8月のみ 8:30-19:00 小中高生    30円
 12月−2月 8:30-17:00
広島城  3月−11月 9:00-18:00 12/29-1/2 大人 360円 40分
 12月−2月 9:00-17:00 小中高生 180円
縮景園    4月−9月 9:00-18:00 12/29-1/3 一般 250円 50分
 10月−3月 9:00-17:00 高大生 150円
小中高生 100円
大和 通年 9:00-18:00 火曜 大学生以上 500円 60分
ミュージアム 7/21-8/31 無休 高校生 300円
12/29-1/3 無休 小中生 200円
宮島 こちらから

広島の歴史

広島の歴史は、1589年(天正17年)に始まります。この年、中国地方の大半を領有し吉田庄に居城を構えていた毛利輝元(毛利元就の孫)は、太田川河口デルタにおいて新しい城と城下町の建設に着手、この地を「広島」と命名し、2年後の天正19年に完成した「広島城」に入りました。徳川時代になると、毛利氏は防長2ケ国に削封され、広島城には福島正則を経て浅野長成が入城、浅野氏は明治維新までの250年間、12代にわたって「鯉城」とも呼ばれたこの美しい城の城主を務めました。今も残る 広島城、縮景縁、不動院、三滝寺は、こうした歴史を語り継ぐ建造物として市民や観光客に親しまれています。1945年(昭和20年)の原爆投下によって広島は廃墟となりましたが、戦後はめざましい復興を遂げ、現在は、市民112万人を抱える政令指定都市となり中四国最大の都市として活況を呈し、夜の町流川を始め、相生通りなどの中心街基町クレドや 広島カープの本拠地・広島市民球場などの商業施設が近代的なたたずまいをみせています。
 モデルコース(入拝観料、有料道路、駐車料金は別途必要です。)
Aコース 市内⇒ 平和公園⇒  縮景園  ⇒ 市内
3時間30分 中型車5名20,510円  小型車4名16,940円
Bコース 市内⇒ 比治山公園⇒  平和公園⇒  縮景園⇒  市内
4時間 中型車5名23,440円  小型車4名19,360円
Cコース  市内⇒ 縮景園⇒ 広島城⇒ 平和公園(ドーム・資料館)⇒ 市内  
4時間30分 中型車5名26,370円  小型車4名21,780円
Dコース  市内⇒ 縮景園⇒ 広島城車窓⇒ 平和公園(ドーム・資料館)⇒ 宮島口桟橋
5時間30分 中型車5名32,230円  小型車4名26,620円
Eコース  市内⇒ 縮景園⇒ 広島城車窓⇒  平和公園(ドーム・資料館)⇒宮島観光⇒市内
7時間30分 中型車5名43,950円  小型車4名36,300円
Fコース 市内⇒ 呉大和ミュージアム⇒  平和公園(ドーム・資料館)
5時間 中型車5名29,300円  小型車4名24,200円
Gコース  市内⇒ 呉大和ミュージアム⇒  縮景園⇒ 平和公園(ドーム・資料館)⇒市内
6時間 中型車5名35,160円  小型車4名29,040円
Hコース  市内⇒ 平和公園(ドーム・資料館)⇒  宮島観光⇒  市内
6時間 中型車5名35,160円  小型車4名29,040円

TOPへ

TOPへ


モデルコースはここをクリック

この画面の最初へ

平和記念公園・資料館

原爆ドーム

広島城(鯉城)

縮景園

宮島・厳島神社